気になるいぼを治療しよう!【種類別の原因と治療法を確認】

メリットとデメリット

顔に触れる女性

いぼ治療のメリット

手のひらなどにできたいぼには、液体窒素の治療が向いています。液体窒素の治療のメリットは、保険が適用され、その分治療費も抑えることができるという点が挙げられます。また、完治する可能性が高いというのもこの治療法のメリットです。いぼは再発してしまうこともあるので、その可能性を防げるというのは安心です。レーザー治療の場合は、傷跡が残りにくいという特徴があります。首や顔など、目立つところのいぼでも、レーザー治療ならほとんど傷は残りません。ほかの治療に比べて仕上がりがきれいという特徴があり、回復も早いというところが魅力的です。一緒にほくろやシミ、ニキビなどを治療できるという点もレーザー治療ならではの特徴です。切除法の場合は、主に再発する可能性が少ないという点が挙げられます。治療には専用のはさみやメスを使用し、いぼだけでなくウイルスも一緒に取り除くことができます。また、切除法ならほとんどの場合一度ですべて取り除くことができます。大きいいぼができてしまったときや、範囲が広がってしまったときには、切除法が有効です。保険も適用されるので、治療費を抑えられるというメリットもあります。内服薬や漢方薬での治療は、痛みを感じないというところが最大のメリットだと言えます。特に子どもにいぼができたときには、薬での治療がぴったりです。

いぼ治療のデメリット

液体窒素による治療法の場合は、強い痛みを感じることがデメリットとして挙げられます。医師が様子を見ながら治療を進めていきますが、痛みが苦手な方は医師に相談して、別の治療法を受けられるかどうか判断してもらいましょう。痛みのほかにも、色素沈着が起こるケースもあります。いぼができた箇所によっては目立ってしまうこともあるので、頭に入れておきましょう。レーザー治療の場合は、きれいにいぼが取り除けるというメリットがありますが、保険が適用されないためほかの治療法と比べると費用が高くなります。使用する専用機器やいぼの大きさによっても費用や回数が変わってくるので、カウンセリングで確認するようにしましょう。切除法で治療を受ける場合は、傷跡が残ってしまうというデメリットもあります。また、治療を受けた後に何度か通院して経過を診てもらうことになるので、スケジュール調整も必要になってきます。内服薬や漢方薬の場合は、痛みを感じることはありませんが、治療に時間がかかるという点がデメリットだと言えます。また、薬の副作用が生じることもありますので、服用して異変を感じたらすぐに医師に相談してください。
それぞれのメリット・デメリットを知っておくと、どの治療法を選ぶか判断しやすくなります。総合的に判断しながら、医師と相談して治療法を決めていきましょう。いぼができたら気になってしまうかと思いますが、自分で潰すことはやめてください。ほとんどのいぼがウイルス性のため、別の場所に移る場合や、傷になってしまうことも考えられます。きちんと完治させるためにも、医師による適切な治療を受けましょう。

Copyright© 2019 気になるいぼを治療しよう!【種類別の原因と治療法を確認】 All Rights Reserved.